FC2ブログ

システム屋さんの忘備録

訪問ありがとうございます。システム屋と経営者・ユーザーとのやりとり、社内SE・システム管理者向け情報、生まれ育った京阪神の情報ブログです。このページへはGoogleで「システム屋さん」で検索。

エクセルが遅い

エクセル(Micrsoft Excel)が遅いという問い合わせをよく受けます。それだけエクセルがパソコンではよく使用されているソフトと言うことになります。ExcelやWindowsが遅いと言うのはたいがい原因特定に時間のかかるものです。社内システム管理者は原因特定の迅速化のためにユーザーに聞きたいのですが、ユーザーは営業で外出していたりして「外出している間に直しておいて」と言わんばかりです。できれば遅くなったのはいつ頃からか、最近何かソフトのインストールをしたか等は教えて欲しいものです。

エクセルオプション

社内システム管理者の対応事例
1.ディスクチェックを行いエラーがないかどうか調べます
  コマンドプロンプトから chkdsk c: /f オプションで行います。 
  再起動後にHDDにエラーがないかもう一度チェックします。
  壊れたHDDは再起動後にもエラーが発生します。S.M.A.R.Tなども確認します。(注意) 
  ディスクが健全であることが必須です。
  
2.原因切り分けのためにマイドキュメントやデスクトップのエクセルファイルを開くのが遅いのかネットワーク上のファイルを開くのが遅いのか起動状況の確認をします。次にマイドキュメントやデスクトップのファイルを開くのが遅い場合、エクセル単独(ファイル指定なし)で開く場合がどうなのかを確認します。

  A.ネットワーク経由でエクセルファイルが開かない、遅い場合
    こちらをご覧ください

  B.ファイルが壊れている場合 こちら

  C.パソコンが遅い場合 こちらのページ 

  D.ローカルでエクセルファイルが開かない、遅い→次へ 

3.エクセルのアドインが影響している可能性があります。エクセルより後にインストールしたソフトが自動的にアドインを組み込み事があります。その場合はエクセルまたはOfficeをアンインストール-再起動-再インストールで修復を試みます。アドインの管理で全てのチェックを外すことも効果がある場合があります。特にフリーソフトは影響を及ぼすことが多かったように記憶しています。有償ソフトは電話対応などしますので他のソフトとの相性などは注意しているようです。

またリボン表示設定が影響している場合があります。(Office 2007の場合)
C:\Users\[ユーザー名]\AppData\Roaming\Microsoft\Excelにある「Excel12.xlb」を適当にリネーム(Excel12_bak.xlbなど)して再起動します。

レジストリの修復も効果があります。おすすめツール
一番効果があるのはOfficeの削除、再起動、再インストール、アップデートです、手間ですが確実な方法です。


Microsoft Office のライセンス

office2010

Microsoft Officeについて、パソコンと一緒に買ったら安いのに通常のパッケージやライセンス版はなぜ高いのですかと聞かれました。価格の差はそれなりの理由があります。バンドル版が安いかと言うと、バンドル版 OFFICEはそのパソコンしか使えないのです。つまりパソコンの寿命がソフトの寿命になります。添付のインストールCDで他のパソコンにインストール出来ない様になっています。パソコンが故障して修理代より新しいパソコンの方が安い時などはバンドル版は新しいパソコンには使えないので安いとは言えません。

パソコン

現在でも企業の多くはOffice 2003以前を使っています。エクセルなどで7万行とかになりますとOffice2007以上が必要ですが簡単な集計などには必要ありません。パワーポイントなどの機能を使うのであればお勧めは企業ではライセンス版になります。ターミナルサーバーやマイクロソフトのクラウド拡張機能を使うにはボリュームライセンス版が必要になります。一般家庭でお使いの場合は、バンドル版よりパッケージ版、会社などでお使いの場合はライセンス版がお勧めです。昔は違法コピーが可能でしたが現在はOS等と同じように定期的にライセンスチェックがあり複製はできません。

ライセンスではありませんが新しくマイクロソフトからクラウドでシステム管理を行うシステム管理者向けにはWindows Intuneなども提供されています。
Windows Intune はマイクロソフトが提供する SaaS (Software as a Service) 型の新しいクラウド サービスです。企業のクライアント PC の運用管理とマルウェア対策を提供するオンラインの管理サービス、そして Windows 7 Enterprise へのアップグレードを可能にする Windows ソフトウェア アシュアランス (SA) を 1 つのサブスクリプションとして提供する全く新しいソリューションです。

ネットワーク経由でエクセルファイルが開かない遅い

エクセル2003

年2回の定期保守訪問をした時の事です、今回の訪問先はXpからWin7までの混在環境で前回6ヶ月前に一部のXpをSP3にやっと更新、またウインドウズアップデートの適用も各端末まちまちです。基本的にウインドウズアップデートは各自で適用または自動更新にしているのですが業務中に勝手に再起動されては困るとのことでインストールは手動になっています。当日は午前中から1日かかってディスクチェック、ウイドウズアップデート適用を完了し、ウイルス対策ソフトの定義の最新確認など、無事作業完了したのですが・・・
翌日朝一番に「共有のエクセルファイルが開かない」との電話があり予定を変更して訪問、いろいろ調べる・・・pingは通る、ハブ、ケーブル異常なし、ファイルのローカルへコピー問題なし、ローカル上でファイルは問題無く開く、いろいろテストすること数時間、・・原因がわかりません。

まさかウインドウズアップデートが原因ではないかと調べてみるとマイクロソフトのOffice File Validation Add-Inの障害ということで・・・・・

Excel2003のインストールされている、Vista および Windows7にて発生します。現象はネットワーク経由でエクセルファイルを開くのに時間がかかる(遅い)です。大きなファイルの時に途中であきらめるので「開かない」でもいいと思います。

「Office File Validation Add-In」をアンインストールすれば復旧します。Windows7、Vistaでは「コントロールパネル」の「プログラムと機能」の直下にあります。


修復方法は次の通りです。

ブログ内検索フォーム
法人向けPC、サーバー、他
サーバ PC パーツ
月別アーカイブ