FC2ブログ

システム屋さんの忘備録

訪問ありがとうございます。システム屋と経営者・ユーザーとのやりとり、社内SE・システム管理者向け情報、生まれ育った京阪神の情報ブログです。このページへはGoogleで「システム屋さん」で検索。

Windows7 Professional 32bit版への移行は急ぎましょう。

今月になってWindows7 Professional 32bit版のパソコン価格がまた上がってきました。パッケージ版の販売が終了したことで残るはOEM版とDSP版のみになりました。OEM版というのはメーカー出荷時にインストールされるOSで、DSP版は、OEM製品のひとつで、パーツとセット(バンドル)の場合だけ購入が可能なOSです。CPU、メモリ、ハードディスクドライブ、マザーボード、DVD-R などのドライブ、拡張ボードなどで、DSP版 OSをインストールするPCに組み込んで使用します。

ウインドウズ7 ロゴ

Core i3クラス以上のCPUでしたらHDDとDSP版OSで再セットアップしてパソコンをWin7にて継続使用が可能ですがCeleronクラスでは買い替えた方がいいでしょう。自分でHDD入れ替えからセットアップ出来ない時は業者に依頼しますが部品代、OS代金、セットアップ費などを考えると結構な金額になります。このような作業は社内に情報システム部門がある法人に限られます。

情報システム部門では交換したPCは故障時の予備機(メール・ネットは禁止)として保存します。内部のメモリなど使える部品のみ保存する場合もあります。またリースが残っている場合はリース切れまで実機を置いておく事が必要です。

もうすでにパソコンの価格が上がってきていますが、遅くなるにつれてさらにダウングレード料、DSP版セットアップ料などの費用負担が増えると思われます。

------------------------------------------------------------------

【2014/02/17】追記
コンシューマ向けWindows 7プレインストールPCは2014年10月まで販売
ProfessionalのOEM販売はその後も継続

 米Microsoftは2月14日、Windows 7プレインストールPCは今年10月まで販売可能であることを明らかにした。この日付はこれまで未定だった。

 14日に更新されたMicrosoftのライフサイクルサポートページの情報によれば、Windows 7 Home Basic/Home Premium/UltimateのプレインストールPC販売終了日は2014年10月31日。ただし、Windows 7 Professionalに関しては、終了日は未定となり、販売終了時期決定は先送りされた。パッケージ版のWindows 7については、すでに2013年10月31日付で販売が終了している。また、Windows 7のサポート終了日に変更はない。

 Windows 7 Professionalは主に企業で使用されていることから、Windows XPの轍を踏まないようにするため、Microsoftがどのような決定を下すのかに注目が集まりそうだ。

 プレインストール版販売終了日に注目が集まっていたのは、Microsoftが昨年末にOEM向けWindows 7出荷停止を誤って発表したからだ。当初は“人気のないWindows 8への移行を顧客に強制する動き”との臆測も呼んだが、後に「発表が誤って掲載された」として、後日改めて期限を設定するとしていた。今回、その販売終了日が発表されたことになる。

 今回の発表においてもWindows 7 Professionalの販売終了日発表は先送りされたが、Microsoftは販売終了日の少なくとも1年前までに日付を発表するとしている。

 なお、Windows 7のサポート期限終了日は、Service Pack 1がインストールされていれば2015年1月13日まで、延長サポートは2020年1月14日まで。2020年1月14日以降は、セキュリティーパッチを含め、いかなるアップデートも提供されないことになっている。




Windows7の販売が終了

10月18日の日本でのWindows 8.1の販売開始にともない、いよいよ2013年10月末でWindows 7のパッケージ製品の出荷が終了されます。残るは流通在庫、OEM版、DSP版、ダウングレード権の行使になります。現在の法人ユーザーはOEM版が主流ですので影響は少ないと思います。

将来OEM版の終了となるとWindows7の入手、インストールは手間がかかるようになり導入のコストアップになりますのでリプレイスは急いだ方がよさそうです。さてWindows 8.1 Proですが以前より法人向けを意識して作り込んでいるようですが各社の基幹システムが対応していないと結局 Windows7 32bit ベースに落ち着きます。Windows 8が最後の32bit OSになるかも知れません。すでにWindowsサーバーは64 bitになっています。

Win8 Pro

10月18日発売 パッケージ版 (参考価格)

Windows 8.1 Pro 25,800円
仕事にも遊びにもあらゆるニーズに応える全ての機能を搭載した最上位エディションです。Windows 8.1のすべての機能に加え、ドメイン参加による会社のネットワークへの接続、リモート デスクトップ、BitLocker を使ったドライブを暗号化によるデータ保護など、より強化された機能が搭載されています。

Windows 8.1   13,800円
一般のユーザーやご家庭向けのエディションです。使い慣れたデスクトップ画面に加えて、よく使う機能をスタート画面にまとめて、家族や友人、アプリやファイルにすばやくアクセスできるなど、より効率的に仕事でも遊びでも利用いただけます。

Windows 8.1 Pro Pack 12,800円
Windows 8.1 から Windows 8.1 Pro with Media Center へアップグレードいただけるエディションです。ドメイン参加による会社のネットワークへの接続、リモート デスクトップ、BitLocker を使ったドライブを暗号化によるデータ保護をはじめとする Windows 8.1 Pro のより強化された機能に加えて、Windows Media Center でテレビの視聴や録画も楽しむことができます。


互換性のチェックは → マイクロソフト Windows 8.1 互換性センター




業務用パソコンの価格 2013年8月

最近になってやっとSOHOや小規模企業のWindows XPのリプレイスが進んできました。法人向けではWindows7 Professional 32bitが従来のXPパソコンの後継になります。各メーカー機器の価格を見ると今年の前半より1~2万円程度上がっています。Home Editionは安いのですが、32bit版Professionalとなると価格が跳ね上がります。

デスクトップパソコン
お勧めは、Windows7 Professional 32bit、Core i5、4GBメモリというところでしょうか。XPとの互換性ではWindows7 Professional 32bitが一番です。周辺機器のドライバーも揃っています。一方64bit版では基幹系システムで互換性問題のある場合もあります、自社で開発したシステムなどはPG変更にコストがかかります。

ただでさえ自社システムでは来年度は消費税の変更があります、その上クライアント、サーバー(Windows2003server)などのリプレイスと社内システム管理者は忙しくなります。個人向けPCは安くなっていると言うより、スマホ、タブレットへの移行が急速に進んで価格が下落しています。Surface Pro の価格が海外のように下がれば欲しいのですが・・・

Windows XPの期限まで1年

マスコミでXPのサポート期限が報じられてから問い合わせが増えました。家電量販店では個人ユーザー向けのラインアップでそのほとんどがWindows8です。価格帯の中心は14~15万円程度でした。問い合わせの内容は「Windows7はいつまで販売」、「Xpのサポート延長はあるのか」などです。

重要なお知らせ
(マイクロソフトのページへリンク)

Xpは当初の予定よりサポート期限が大幅に延長されてきました。以前には考えられない程度の延長です、さすがにVista、Win7、Win8が販売された今となってはサポートの再延長は無理と思います。さてWindows8が発売された現在のメーカー動向は今年の1月まではWindows8が中心でしたが、最近はWindows7中心に戻っています。法人では当面Windows7を導入することになります。その理由の一つとしてWindows8の「アプリ」があります。自由にダウンロード、インストールできる事はシステム管理者には「驚異」になります。

円安と最近の入れ替え需要もあり法人向けパソコン価格は上がってきました。一方個人向けではタブレットへの移行が急ピッチでパソコン販売数は激減しています。今の状況ですと夏頃まではWindows7は容易に入手出来ます。最後にはDSP版になりますが以前のように部品とのセット販売では無くなりましたのでより容易に入手出来るようになりました。情報の集まるMicrosoftパートナーさんに確認することをお勧めします。


Windows7はいつまで販売されるの?

Windows8の売れ行きは好調のようです。一方では「Windows7パソコン在庫一掃セール」などの広告が増えています。ボリュームライセンスなどによって管理している会社ではWindows8からのダウングレードなどでいつまでもWindows7が手に入りますが、そうでない企業では入手が徐々に困難になってきます。

Windows XPを未だに使っている会社が約39%です。今のところWindows8は企業には人気が無いようです。マイクロソフトは現在のWindows7のサービスパック2及び3までを計画しているようです。サービスパック2までは販売継続されそうでなんとなくXpのサポート期限までは入手出来そうです。

ウインドウズ7 ロゴ


今までの経験からすると新しいOSが発売されて1年半ぐらいで販売終了していますので、ちょうどXpサポート期限前後になると思われます。パッケージ版、OEM版、DSP版それぞれ販売終了時期は違いますが今までのように最後はDSP版になると思います。

会社では経費削減で基幹システムのリプレイスを先送りにするようになっています。ドライバーなどの環境がそろってきたWindows7は人気で社内でのXpからの移行は現在Windows7 Proへ移行がメインで進んでいます。XPのようにWindows7は企業では人気のOSです。Windows8はインターフェイスが大きく変わったので敬遠されているようですが先日Windows8の開発責任者が辞任されたそうで、もしかすると従来画面がWindows8 SP1ぐらいに搭載されるかもしれません(期待も込めて)。 【2012/12/06】※この記事には追記があります。

Windows XP (32 ビット版) から Windows 7 への転送用の Windows 転送ツール



ブログ内検索フォーム
法人向けPC、サーバー、他
サーバ PC パーツ
月別アーカイブ