FC2ブログ

システム屋さんの忘備録

訪問ありがとうございます。システム屋と経営者・ユーザーとのやりとり、社内SE・システム管理者向け情報、生まれ育った京阪神の情報ブログです。このページへはGoogleで「システム屋さん」で検索。

パソコンに勝手に広告が表示される

最近パソコンが遅くなったので見て欲しいと言う事でパソコンを見に行くと、IEの初期ページが「Hao123」になっていました「Hao123」は中国の大手検索サイト「百度」を運営する「Baidu」が日本向けに提供するポータルサイトです。会社ごとに専用の初期ページを設定しているので何も知らずに「受け入れる」「設定」などを選択した結果です。これでこのユーザーのスキルはある程度わかります。この方に「不審メールは開かないようにしましょう」と言っても通用しないと思われます。

Malware Crusher

「Hao123」は無害ですがパソコン調査中にやたらと「あなたのシステムは危険です」などと表示されます。調べてみると以下の様なソフトから6個ほどインストールされていました。以下のソフトは会社の他のパソコンには存在しません。
Auto Mechanic 2018
Auto Speedup 2018
AutoClean Pro 2018
AutoFixer Pro 2018
Boost PC Pro 2018
Buy McAfee
Clean PC Pro 2018
Driver Updater
Identity Protector
Malware Crusher
My PC Repair 2018
PC Fixer Pro 2018
Quick Speedup 2018Firefly
Super Clean Pro 2018
Win Speedup 2018 FireflyFrmaer
スマートPCケア(Smart PC Care)
これらは迷惑広告ソフトでウイルス対策ソフトでは削除できません。コントロールパネルからうまく削除しないと以下の様なメッセージがでます。
「Messages file ~ unins000.msg is missing」 等が表示されます。
自分のためにパソコン修復に使用したツールを右側の「管理者おすすめツール 情報」にリンクを掲載しました。(一部英語です)
※ご使用に関しては個人の責任でお願いします。
マルウエア削除①
マルウエア削除②
アンインストール支援ソフト①
アンインストール支援ソフト②

2018年 8月のウインドウズアップデート

2018 年 8 月のセキュリティ更新プログラム (月例)
2018 年 8 月のマイクロソフト セキュリティ情報の概要
セキュリティ更新プログラム ガイド(DB)

Windows 10 64bit 1803環境では約15分程度で適用できました(SSDの場合)。
先月から.NET Framework系のオプションプログラムがうまくインストール出来ずサーバーの場合は無理は出来ませんので非表示にて対応していましたが今回のセキュリティおよび品質ロールアップにてすべてのサーバーで無事適用できました。まだまだ気温が高いので機器の温度管理には十分な注意が必要です。

Windows 10 April 2018 Update (バージョン 1803) に関するよくある質問をまとめています(8/15更新)
Windows 10 Version 1803 (Windows 10 April 2018)では未だに未解決(調査中)の不具合が多くありますが回避策が提供されています。

最新版 Windows 10 April 2018 の手動アップデート
https://www.microsoft.com/ja-jp/software-download/windows10
※最近はWindows 10のトラブルに対してOSの再インストールを多用するようになりました。時間はかかりますが確実な修復方法です。ファイルを引き継ぐでインストールできない場合はクリーンインストールするしかないようです。

Windows Update 問題を修正する(適用対象: Windows 8.1, Windows 10, Windows 7)
https://support.microsoft.com/ja-jp/help/10164/fix-windows-update-errors
 この修復のより詳しい説明はこちら
 Windows Update の修復 20170306
 http://capacitor.blog.fc2.com/blog-entry-315.html

Windows 10 April 2018の適用体験記、機能についての日本語動画
http://capacitor.jp/blog-entry-373.html

Office関連の更新
Microsoft Office の更新プログラム2018年 8 月

【Windows 10 Professional 64bit 1803】
2018-08 x64 ベース システム用 Windows 10 Version 1803 の累積更新プログラム (KB4343909) サイズ: 734.8 MB
2018-08 x64 ベース システム用 Windows 10 Version 1803 セキュリティ更新プログラム (Adobe Flash Player 対応) (KB4343902) サイズ: 20.9 MB
悪意のあるソフトウェアの削除ツール x64 - 2018 年 8 月 (KB890830)

【Windows 7 Professional 32bit】
2018-08 x86 ベース システム用 Windows 7 向けセキュリティ マンスリー品質ロールアップ (KB4343900)
Microsoft Security Essentials の定義の更新 – KB2310138 (定義 1.273.1393.0)
悪意のあるソフトウェアの削除ツール - 2018 年 8 月 (KB890830)
2018-08 Windows 7 の .NET Framework 3.5.1、4.5.2、4.6、4.6.1、4.6.2、4.7、4.7.1、4.7.2 用セキュリティおよび品質ロールアップ (KB4345590)

【Windows 2012 server】
2018-08 x64 用 Windows Server 2012 の .NET Framework 3.5、4.5.2、4.6、4.6.1、4.6.2、4.7、4.7.1、4.7.2 用セキュリティおよび品質ロールアップ (KB4345591)
2018-08 x64 ベース システム用 Windows Server 2012 セキュリティ更新プログラム (Adobe Flash Player 対応) (KB4343902)
悪意のあるソフトウェアの削除ツール x64 - 2018 年 8 月 (KB890830)
2018-08 x64 ベース システム用 Windows Server 2012 向けセキュリティ マンスリー品質ロールアップ (KB4343901)

【Windows Server 2012 R2】
2018-08 x64 用 Windows 8.1 および Server 2012 R2 の .NET Framework 3.5、4.5.2、4.6、4.6.1、4.6.2、4.7、4.7.1、4.7.2 用セキュリティおよび品質ロールアップ (KB4345592)
2018-08 x64 ベース システム用 Windows Server 2012 R2 向けセキュリティ マンスリー品質ロールアップ (KB4343898)
2018-08 x64 ベース システム用 Windows Server 2012 R2 セキュリティ更新プログラム (Adobe Flash Player 対応) (KB4343902)
悪意のあるソフトウェアの削除ツール x64 - 2018 年 8 月 (KB890830)

※以下が解決しました
2018-07 x64 用 Windows 8.1 および Server 2012 R2 の .NET Framework 3.5、4.5.2、4.6、4.6.1、4.6.2、4.7、4.7.1、4.7.2 用セキュリティおよび品質ロールアップ (KB4340558)
インストール日時: ‎2018/‎07/‎29 5:34
インストール状態: 失敗
エラーの詳細: コード 80092004

Windows Server 2012 R2 x64 用 Microsoft .NET Framework 4.7.2 (KB4054566)
インストール日時: ‎2018/‎07/‎29 5:27
インストール状態: 失敗
エラーの詳細: コード 8024001E

2018/08/31 追記
【Windows 10 64bit】
2018-08 x64 ベース システム用 Windows 10 Version 1803 の累積更新プログラム (KB4346783) サイズ: 748.8 MB
詳しくはこちら

【Windows 10 32bit】
2018-08 x86 ベース システム用 Windows 10 Version 1803 の累積更新プログラム (KB4346783) サイズ: 417.5 MB

【Windows 7 Professional 32bit】
2018年 8 月プレビュー品質プログラムのロールアップの 3.5.1、4.5.2、4.6、4.6.1、4.6.2、4.7、4.7.1、および 4.7.2 の.NET Framework の Windows 7 SP1 およびサーバー 2008 R2 SP1 (KB 4346080)
2018-08 x86 ベース システム用 Windows 7 向けマンスリー品質ロールアップのプレビュー (KB4343894)最終変更日時: サイズ: 138.4 MB

【Windows 2012 server】
2018-08 x64 ベース システム用 Windows Server 2012 向けマンスリー品質ロールアップのプレビュー (KB4343895) サイズ: 212.1 MB
2018-08 x64 対応の Windows Server 2012 向け .NET Framework 3.5、4.5.2、4.6、4.6.1、4.6.2、4.7、4.7.1、4.7.2 用の品質ロールアップのプレビュー (KB4346081)

【Windows Server 2012 R2】
2018-08 x64 対応の Windows 8.1 および Server 2012 R2 向け .NET Framework 3.5、4.5.2、4.6、4.6.1、4.6.2、4.7、4.7.1、4.7.2 用の品質ロールアップのプレビュー (KB4346082)
2018-08 x64 ベース システム用 Windows Server 2012 R2 向けマンスリー品質ロールアップのプレビュー (KB4343891)

2018/08/23 追記
【Windows 10 Professional 64bit 1803】
インテルのマイクロ コード ・ アップデート (KB4100347)
適用はすぐに完了しますが再起動が必要です。

レンタルサーバーの変更

 先日のファーストサーバ Zenlogic の障害からレンタルサーバーの変更の相談が続いています。「もう大丈夫と思いますよ」と伝えても2012年に続いて今回の障害ですので継続利用される会社はほとんどありません。その理由はもし次に障害が発生したら法人としての判断に問題があると思われるからだそうです。ある会社の経営者は「二度目の不渡り」という表現をされていました。そのような理由から今回の障害対象外のZenlogic利用者からも問い合わせがあります。
https://zenlogic.jp/news/status/syogai/cause/

さくらインターネット
さくらレンタルサーバーの設定例

レンタルサーバー上ではホームページ、メール、ネットショップ、データベース等様々な機能が提供されています。サーバーの移行にあたっては業務に影響が出ないようにシステム管理者が活躍します。先日の障害発生時に1日でDNS変更から新サーバーへの移行を行った会社もありました、規模にもよりますが徹夜の対応されたと推測できます。

移行は仕組み(DNSなど)と用語をしっかり理解していればそれほど難しくありません、最近のレンタルサーバー会社は電話対応もしっかりしているのでサポートを利用すると誰でも移行可能です。レンタルサーバーを申し込むと○○ドメインと呼ばれるそのサーバー会社のサブドメインが取得されます。Zenlogic の場合は標準ドメイン、さくらインターネットの場合は初期ドメイン、○○○ネットの場合は○○○ネットドメインなどと各社呼び方がまちまちまですが同じ意味です。一方「独自ドメイン」は各社共通で同じ事を意味します。ホームページ、メールアカウント、メールソフト設定、ショップなどの移行と準備が終わると最後にDNSを変更して移行完了になります。


テレワーク・デイズ 2018/07/23~2018/07/27まで

暑い日が続き各社へのサーバーメンテナンスには温度確認作業が必須作業になっています。事務所のエアコンが入っていないと室温は40度を超えてしまいサーバー内は50度を超えて故障の原因になりますので事務所にサーバーを設置する中小の会社へのリモート接続では祈るような気持ちで接続します。

最近は「自宅で会社と同じように仕事が出来る環境を作ってくれ」というテレワーク環境作成依頼が増えました。今や家庭でもインターネット回線、しかも光回線が必須になっていますので構築はすぐにできます。2000年頃は一部のシステム関係者に限られていた環境が誰でも手軽に利用出来る時代です。※セキュリティ、アクセス権管理は必須

テレワーク・デイズ
テレワーク・デイズ

このような時代になると自宅にパソコンがあり働く意欲のある方と企業の求人とのマッチングも変化しています。今後も増える多くの知識を持った定年された方、子育てで忙しいお母さん方などの活用により人手不足を補える可能性がある分野もあります。朝の通勤ラッシュも緩和されるかも知れません。

1位:混雑率199%  ピーク時間 7:50~8:50
東京地下鉄(東京メトロ) 東西線  木場駅→門前仲町駅

[ 2018/07/23 08:16 ] リモート環境 | TB(0) | CM(1)

2018年 7月のウインドウズアップデート

2018 年 7 月のセキュリティ更新プログラム (月例)
2018 年 7 月のマイクロソフト セキュリティ情報の概要
セキュリティ更新プログラム ガイド(DB)

今月はサーバーにおいて.NET Framework系のオプションプログラムがうまくインストール出来ませんでした。サーバーの場合は便利な修復ツールはありません、Microsoft側の問題も多いのでので情報待ちで一旦保留します。最近気温が上昇していますので機器の温度管理には十分な注意が必要です。
---------------------------------------------------
追記1 Windows 10
7月17日に7月の月例に対するWindows 10の不具合を修正するパッチがリリースされました。Windows Update更新プログラムをチェックで適用されます、なおMS側で修正後に7月のアップデートを適用した方は適用されません。

追記2 適用対象: Microsoft .NET Framework 4.7.1Microsoft .NET Framework 4.7Microsoft .NET Framework 4.6.2
※7月20日に7月の月例アップデートで0x80092004の発生によりインストール失敗する件についてサポートが発表されました。
例えばワンクリック解決できるような、もう少しスマートな解決方法が必要と思われますが・・・

追記3 適用対象: Windows 10, version 1803  2018/07/25
2018/07/24 2018-07 x64 ベース システム用 Windows 10 Version 1803 の累積更新プログラム (KB4340917)
最終変更日時: 2018/07/20  サイズ: 713.1 MB
更新プログラムをチェックを押すと適用されます。Windows 10 は頻繁に更新されます。
---------------------------------------------------

Windows 10 April 2018 Update (バージョン 1803) に関するよくある質問をまとめています(7/26更新)
Windows 10 Version 1803 (Windows 10 April 2018)では未だに未解決(調査中)の不具合が多くありますが回避策が提供されています。

最新版 Windows 10 April 2018 の手動アップデート
https://www.microsoft.com/ja-jp/software-download/windows10
※最近はWindows 10のトラブルに対してOSの再インストールを多用するようになりました。時間はかかりますが確実な修復方法です。ファイルを引き継ぐでインストールできない場合はクリーンインストールするしかないようです。

Windows Update 問題を修正する(適用対象: Windows 8.1, Windows 10, Windows 7)
https://support.microsoft.com/ja-jp/help/10164/fix-windows-update-errors
 この修復のより詳しい説明はこちら
 Windows Update の修復 20170306
 http://capacitor.blog.fc2.com/blog-entry-315.html

Microsoft Office の更新プログラム 2018年 7 月
https://support.microsoft.com/ja-jp/help/4340798/july-2018-updates-for-microsoft-office

Windows 10 April 2018の適用体験記、機能についての日本語動画
http://capacitor.jp/blog-entry-373.html

【Windows 10 Professional 64bit 1803】
2018-07 x64 ベース システム用 Windows 10 Version 1803 の累積更新プログラム (KB4338819) 676.6MB
2018-07 x64 ベース システム用 Windows 10 Version 1803 セキュリティ更新プログラム (Adobe Flash Player 対応) (KB4338832)
悪意のあるソフトウェアの削除ツール x64 - 2018 年 7 月 (KB890830)

2018/07/18追記
Microsoftから7月の月例アップデートにあった不具合を修正するパッチがリリースされました。
2018-07 x64 ベース システム用 Windows 10 Version 1803 の累積更新プログラム (KB4345421)
サイズ: 678.2 MB

この更新プログラムは、次の更新プログラムを置き換えます
2018-05 x64 ベース システム用 Windows 10 Version 1803 の累積更新プログラム (KB4100403)
2018-05 x64 ベース システム用 Windows 10 Version 1803 の累積更新プログラム (KB4103721)
2018-06 x64 ベース システム用 Windows 10 Version 1803 の累積更新プログラム (KB4284835)
2018-06 x64 ベース システム用 Windows 10 Version 1803 の累積更新プログラム (KB4284848)
2018-06 x64 ベース システム用 Windows 10 Version 1803 の累積更新プログラム (KB4338548)
2018-07 x64 ベース システム用 Windows 10 Version 1803 の累積更新プログラム (KB4338819
その他のバージョン
Windows 10 version 1709:KB4345420
Windows 10 version 1703:KB4345419

【Windows 7 Professional 32bit】
Windows 7 用更新プログラム (KB2952664)
2018-07 Windows 7 の .NET Framework 3.5.1、4.5.2、4.6、4.6.1、4.6.2、4.7、4.7.1、4.7.2 用セキュリティおよび品質ロールアップ (KB4340556)
悪意のあるソフトウェアの削除ツール - 2018 年 7 月 (KB890830)
2018-07 x86 ベース システム用 Windows 7 向けセキュリティ マンスリー品質ロールアップ (KB4338818)
Windows 7 用 Microsoft .NET Framework 4.7.2 (KB4054530)
Windows 7 用 Microsoft .NET Framework 4.7.2 言語パック (KB4054529)
support.microsoft.com

【Windows Server 2012 R2】
2018-07 x64 ベース システム用 Windows Server 2012 R2 向けセキュリティ マンスリー品質ロールアップ (KB4338815)
2018-07 x64 ベース システム用 Windows Server 2012 R2 セキュリティ更新プログラム (Adobe Flash Player 対応) (KB4338832)
悪意のあるソフトウェアの削除ツール x64 - 2018 年 7 月 (KB890830)

以下は数回再起動後にトライしましたが失敗します、サーバーはWindows Update修復ツールがありません。オプション更新ですので情報待ちとします。
2018-07 x64 用 Windows 8.1 および Server 2012 R2 の .NET Framework 3.5、4.5.2、4.6、4.6.1、4.6.2、4.7、4.7.1、4.7.2 用セキュリティおよび品質ロールアップ (KB4340558)インストール状態: 失敗
Windows Server 2012 R2 x64 用 Microsoft .NET Framework 4.7.2 (KB4054566)
インストール状態: 失敗

ファーストサーバ (Zenlogic) で障害 2018年7月

ファーストサーバを利用しているクライアントでサーバ障害が発生しています。この障害6月19日から発生しており未だに原因調査とか言っております。この会社は2012年にも大規模障害を発生しています。今やメール、ホームページなどは企業のインフラと言ってもいいほど重要になっています。ましてレンタルサーバなどではBCP対策ぐらいしていると思われるのですが今日現在メールの送受信が出来ないなどの障害が続いています。

Zenlogic
クリックで該当ページへ

元々はクボタシステム開発の社員が独立して立ち上げた技術者集団というイメージで人気が出て多くの法人が契約しましたがヤフーの子会社になってからはそのような技術者が離れていったと思われます。従って6/19日からの障害が今日になっても復旧しないという最悪の結果になっています。サポートに電話しても繋がらない、メールしても返事が無い状態で昨日やっとファーストサーバからお詫びのメールがきました。

今回の件でレンタルサーバの他社への切り替えについての相談も受けましたが企業で使うなら共有サーバー(費用が安い)では無く専用サーバーを使用することをお伝えしました。
今回の障害情報のサポートページでの公開方法ですがやはり鉄道会社が抜きん出ているように思われます、見習って欲しいものです。
共用サーバーとは

2018/07/06追記
高負荷障害に関して多くのお客様からいただくお問合せ

2018/07/06 8:23
8時までのメンテナンスがさらに延期、6月19日からだまされ続け、回復傾向ですとか言われそのたびに社内に報告していたシステム担当者のグチが聞こえて来そうです。サーバー乗り換えようにもDNS変更が出来ないので回復を待つしか無いでしょう。
このインシデントで社内システム管理者には責任はありませんが一番苦労しているのは確かでしょう。これを機に経営者に企業ならそれなりのホスティングサービスを選択させるように提案しましょう。

2018/07/07追記



2018/07/07追記
参考になった記事です。恐らく以前の機能を取り込みながら作ったので完成度が低かったかも知れません。昔のファーストサーバでもよく遅延が発生していました。2012年に続いて二度目です、障害対応のレベルの低さ、クライアントの苦労を見ると15年以上ファーストサーバを利用していますが他社サーバへ乗換を推奨します。また移行サポートも順次行って行きます。
「契約してはいけない Zenlogic」
https://nakoruru.jp/?p=1752


地震時の各社運行情報

6月18日午前8時頃大阪で地震がありました。通勤途中で数時間車内で缶詰にされたうえ電車から降ろされ線路を歩いて駅まで行きます。しかしその駅からはバスしか無いのですが停留所は人がいっぱいです。付近の道路は大渋滞で大阪へ向かう国道2号線は車より歩く方が早いぐらいです。歩道はすれ違いが難しいくらい混んでいます。

大阪周辺ではJR西日本、阪神、阪急、大阪メトロ、京阪、近鉄がありますがすべて運休になりました。通常はスマホやネットで運行情報を入手しますがまともに接続出来たのはJR西日本のみでした。1日の自社鉄道利用者が同時に接続しても対応出来るようなシステムにすべきと思います。結局、各社の駅まで行って最新情報を入手するしかありませんでした。

運行情報


せっかく運行情報というページを作っても運用で失敗するいい例です。需要予測に問題があると思われます。しかし運転再開は運行情報に繋がらなかった阪神、阪急などが一番早くJR西日本が最後でした。(モノレールは除きます)
[ 2018/06/19 07:57 ] 雑記 | TB(0) | CM(0)
ブログ内検索フォーム
法人向けPC、サーバー、他
サーバ PC パーツ
月別アーカイブ