FC2ブログ

システム屋さんの忘備録

訪問ありがとうございます。中小企業の社内システム管理者向けWindows情報とまれに京阪神の情報も発信しています。

2021年7月のウインドウズアップデート

Microsoft®Update カタログ   ← KBからの番号がわかる場合
2021 年7月のセキュリティ更新プログラム (月例/日本語)

Office の更新プログラムをインストールする /今日は Office の更新もあります。
Windows 悪意のあるソフトウェアの削除ツール(MSRT/KB890830)で流行している特定の悪質なソフトウェアを削除する

Windows 11は今までのPCの約半数が正常動作しないことがわかりました。それでも動作させようとする強者によって便利なツールが公開されることを個人的に期待しています。今の所、法人では基本的にWindows 10をそのまま使うことになりますがWindows 11にUPするユーザーや新規Windows 11PCの導入もあるのでオンプレミス環境の基幹システムでは動作検証は必須です。
グラボ価格も落ち着いてきましたが未だに定価の2~3倍の価格で売買されています。半導体不足でPCは納期が遅くなっている上に買い替え需要が上乗せされるとさらなる納期遅延と価格上昇が予想されます。

Windows 10の不具合情報・Windows のリリースの正常性
https://docs.microsoft.com/ja-jp/windows/release-health/

■Windows 10 をダウンロードして修復する、更新する
(Windows 10 May 2021 Update)
win10
https://www.microsoft.com/ja-jp/software-download/windows10
Windows 10のトラブルに対してOSの再インストールをよく使用します。時間はかかりますが確実な修復方法です。以前のファイルやアプリを残したまま更新が可能です(USB使用が成功率が高い)。注意することはOS再インストールすると正常に動作しなくなるソフトがありますのでその場合、ソフトを一旦削除し再起動後に再インストールします。レジストリを変更するより確実に正常化できます。

更新プログラムが正しくインストールされたかを確認する方法
起動しないWindows 10を初期化、復元をする方法
■Windows10 公開が終了した過去バージョンをダウンロードする
https://www.pasoble.jp/windows/10/download-past-version.html
Windows Updateで問題が発生した更新プログラムを削除する方法(Windows10)
■システムファイルに異常が無いかどうか調べる、修復する
システム ファイル チェッカー ツール
1.sfcコマンド(管理者権限) sfc/scannow
2.Windowsリソース保護により、破損したファイルが見つかりましたが、それらの一部は修復できませんでした。表示された
3.管理者権限で DISM.exe /Online /Cleanup-image /Restorehealth
4.確認のため、sfcコマンド(管理者権限) sfc/scannow
最後はクリーンインストールですがサーバー類は簡単にはできないところが悩むところ・・・
------------------------------------------------
【Windows 10 21H1 64bit】
2021-07 x64 ベース システム用 Windows 10 Version 21H1 の累積更新プログラム (KB5004237)サイズ: 587.6 MB
https://support.microsoft.com/help/5004237

【Windows Server 2019】
2021-07 x64 ベース システム用 Windows Server 2019 の累積更新プログラム (KB5004244)サイズ: 505.9 MB
https://support.microsoft.com/help/5004244

【Windows Server 2012 R2】
2021-07 x64 ベース システム用 Windows Server 2012 R2 向けセキュリティ マンスリー品質ロールアップ (KB5004298)サイズ: 533.0 MB
https://support.microsoft.com/help/5004298

【Windows 2012 server】
2021-07 x64 ベース システム用 Windows Server 2012 向けセキュリティ マンスリー品質ロールアップ (KB5004294)サイズ: 384.4 MB
https://support.microsoft.com/help/5004294

※日本語以外表示の場合はブラウザの翻訳機能などを利用します。
※今後のWindows Updateによる更新は順次追記します。

「PrintNightmare」対策のセキュリティパッチを緊急公開

このパッチ適用後は管理者以外のユーザーは署名のないドライバーを印刷サーバーにインストールできなくなります。詳しくはこちら-Microsoftのサイト

500MBを超える更新もありますのでネットワーク負荷に注意が必要です。
【Windows 10 Version 21H1】
2021-07 x64 ベース システム用 Windows 10 Version 21H1 の累積更新プログラム (KB5004945)サイズ: 586.1 MB
https://support.microsoft.com/help/5004945

【Windows 10 Version 20H2】
2021-07 x64 ベース システム用 Windows 10 Version 20H2 の累積更新プログラム (KB5004945)サイズ: 586.1 MB
https://support.microsoft.com/help/5004945

【Windows Server 2019 1803】
2021-07 x64 ベース システム用 Windows Server 2019 の累積更新プログラム (KB5004947)サイズ: 501.3 MB
https://support.microsoft.com/help/5004947

【Windows Server 2012 R2】
2021-07 x64 ベース システム用 Windows Server 2012 R2 向けセキュリティ マンスリー品質ロールアップ (KB5004954)サイズ: 532.7 MB
https://support.microsoft.com/help/5004954

【Windows 2012 server】
2021-06 x64 ベース システム用 Windows Server 2012 向けセキュリティ マンスリー品質ロールアップ (KB5003697)サイズ: 385.7 MB
https://support.microsoft.com/help/5003697
2021-07 x64 ベース システム用 Windows Server 2012 向けセキュリティ マンスリー品質ロールアップ (KB5004956)サイズ: 385.3 MB
https://support.microsoft.com/help/5004956

「PrintNightmare」について
印刷スプーラーは同時に発生したプリンタの印刷処理要求を一時保存し、順次実行していくというシステムです。2021年6月28日に中国のセキュリティ企業Sangforの研究者らが、この印刷スプーラーに発見した脆弱性の概念実証用コードと脆弱性についての詳細なレポートを誤ってGitHub上で公表してしまいました。
研究者はあわててリポジトリを非公開にしましたが、すでにコードとコメントはコピーされた後だったとのこと。コードが公表された時点では、問題の脆弱性は特権昇格バグのみ修正されており、リモートコード実行のバグ「PrintNightmare」には修正が行われていない状態でした。このPrintNightmareについて、Microsoftは「CVE-2021-34527」という識別子を割り当て、早急に対応すると発表。緩和策を公開した後、現地時間2021年7月6日に修正パッチをリリースしました。
引用:Gigazine
https://gigazine.net/news/20210707-windows-releases-patch-printnightmare/

このPCではwindows 11を実行できません

次期OSのWindows 11の発表がありました、Windows 10まではXP、Vista、Windows 7、Windows 8、Windows 8.1と順次アップデートしており、そのたびに1万円から3万円程度で新しいWindowsを購入していました。今回のWindows 11は無料ですので昔の有償時代を知っている世代ではお得感があります。

このPCではwindows 11を実行できません
【クセのある自作PC】※ツールは6/29日に理由が表示されないので非公開になりました、再公開日は未定

Windows 11はシステム要件が厳しくなっているのでアップデートできないPCが増えそうです。そこでWindows 11向けの「PC 正常性チェック アプリをダウンロードして実行」 ← (6/29日に非公開になりました) をしてみました。自作PCが「このPCではwindows 11を実行できません」と表示され要件は満たしているのですがツールでは原因がわかりません。仕事柄ウイルス対策ソフトに怒られるようなソフトを色々入れているのでこれからWindows 11の公開までにインストールできるように調べていくつもりです。XP、Vista時代のアップデートと比べると情報が入手しやすいので助かります。

このPCではwindows 11を実行できませんb
【メーカー標準のPC】※ツールは6/29日に理由が表示されないので非公開になりました、再公開日は未定

Windows 11 PC 正常性チェック アプリのダウンロード (Microsoft)
※6/29日に理由が表示されないので非公開になりました、再公開日は未定
https://aka.ms/GetPCHealthCheckApp

2021/06/26 追記
WindowsInsiderプログラムのフィードバックHUBに登録しました。
https://insider.windows.com/en-us/

2021/06/29 追記
Windows 11非対応の理由を教えてくれるアプリ(説明)
WhyNotWin11(ダウンロードのページ)

2021年6月のウインドウズアップデート

2021 年6月のセキュリティ更新プログラム (月例/日本語)
Microsoft®Update カタログ   ← KBからの番号がわかる場合
今日は Office の更新もあります。
Windows 悪意のあるソフトウェアの削除ツール(MSRT/KB890830)で流行している特定の悪質なソフトウェアを削除する


今日のWindows Updateは主にセキュリティ問題の修正です。
21H1がWindows Update経由で配信されています、20H2(同じコア)からの更新では通常のWindows Updateと時間は大差ありません、こちら(Windows 10 をダウンロードして修復する、更新する)から更新すると約1時間程度かかり新しい内容と置き換えるため一部のソフトは再インストールしないと正常に動作しません。
(次期 Windows 情報)
 Microsoft、“次世代Windows”発表イベントを6月25日午前0時開催
 次期Windowsはどういった姿になるのか?


■各バージョンの不具合や未解決のインシデント
○Windows 10 Version 21H1の既知の問題点「既知の問題と通知 21H1」
〇Windows 10 Version 20H2の既知の問題点「既知の問題と通知 H2」
〇Windows 10 Version 2004 の既知の問題点「既知の問題と通知」


■システムファイルに異常が無いかどうか調べる、修復する
システム ファイル チェッカー ツール
1.sfcコマンド(管理者権限) sfc/scannow
2.Windowsリソース保護により、破損したファイルが見つかりましたが、それらの一部は修復できませんでした。表示された
3.管理者権限で DISM.exe /Online /Cleanup-image /Restorehealth
4.確認のため、sfcコマンド(管理者権限) sfc/scannow
最後はクリーンインストールですがサーバー類は簡単にはできないところが悩むところ・・・


更新プログラムが正しくインストールされたかを確認する方法


■Windows 10 をダウンロードして修復する、更新する
(Windows 10 May 2021 Update)
win10
https://www.microsoft.com/ja-jp/software-download/windows10
Windows 10のトラブルに対してOSの再インストールをよく使用します。時間はかかりますが確実な修復方法です。以前のファイルやアプリを残したまま更新が可能です(USB使用が成功率が高い)。注意することはOS再インストールすると正常に動作しなくなるソフトがありますのでその場合、ソフトを一旦削除し再起動後に再インストールします。レジストリを変更するより確実に正常化できます。


起動しないWindows 10を初期化、復元をする方法


■Windows10 公開が終了した過去バージョンをダウンロードする
https://www.pasoble.jp/windows/10/download-past-version.html


Windows Updateで問題が発生した更新プログラムを削除する方法(Windows10)

------------今日の更新------------

【Windows 10 21H1 64bit】
2021-06 x64 ベース システム用 Windows 10 Version 21H1 の累積更新プログラム (KB5003637)サイズ: 587.2 MB
https://support.microsoft.com/help/5003637

【Windows Server 2019】
2021-06 x64 ベース システム用 Windows Server 2019 の累積更新プログラム (KB5003646)サイズ: 499.5 MB
https://support.microsoft.com/help/5003646

【Windows Server 2012 R2】
2021-06 x64 ベース システム用 Windows Server 2012 R2 向けセキュリティ マンスリー品質ロールアップ (KB5003671)サイズ: 532.1 MB
https://support.microsoft.com/help/5003671

【Windows 2012 server】
2021-06 x64 ベース システム用 Windows Server 2012 向けセキュリティ マンスリー品質ロールアップ (KB5003697)サイズ: 385.7 MB
https://support.microsoft.com/help/5003697

※日本語以外表示の場合はブラウザの翻訳機能などを利用します。
※今後のWindows Updateによる更新は順次追記します。

------------追記------------
2021/06/12 追記
【Windows 10 21H1 64bit】
2021-06 x64 ベース システム用 Windows 10 Version 21H1 の累積更新プログラム (KB5004476)サイズ: 587.6 MB
https://support.microsoft.com/help/5004476

2021/06/20 追記
【Windows Server 2019 1809】
2021-06x64 ベース システム用 Windows Server 2019 の累積更新プログラム (KB5003703)サイズ: 500.0 MB
https://support.microsoft.com/help/5003703

2021/06/23 追記
【Windows 10 21H1 64bit】
2021-06x64 ベース システム用 Windows 10 Version 21H1 の累積更新プログラム (KB5003690)サイズ: 586.0 MB
https://support.microsoft.com/help/5003690
https://www.youtube.com/watch?v=n1sfdVYfp_A

0x80070643

エラー番号 0x80070643 は時々発生するWindows Defenderの更新のエラーです、対処方法はWindows セキュリティから更新することでエラーは解消します。

Windows Defender
1.Windows セキュリティ画面を開きます
2.「Windows セキュリティを開く」を選択します
3.左上段にあるウイルスと脅威の防止選択します
4.ウイルスと脅威の防止の更新にある
  「更新プログラムのチェック」を選択する
5.「更新プログラムのチェック」を選択して更新する
6.確認のためにWindows Update画面で更新を行う
ITIL4

ITIL・ ファンデーション ITIL 4 エディション: ITIL 4 Edition

新品価格
¥5,514から
(2021/7/19 05:48時点)

月別アーカイブ