FC2ブログ

システム屋さんの忘備録

訪問ありがとうございます。中小企業の社内システム管理者向けWindows情報とまれに京阪神の情報も発信しています。

家庭の Windows 機器セキュリティ

テレワークによって家庭でのセキュリティについての問い合わせが増えています、画面に「クレジット決済」を勧める表示が出た、「パソコンが壊れています」と表示されてソフトのインストールを促されたり、変な広告が繰り返し表示されるなど症状は様々です。そのようなパソコンでは原因アプリを特定し削除すればいいのですが中々元通りにはなりませんので時間をかけて最後はクリーンインストールすることになるのが多い様です。

家庭の場合、二重に中には三重にウイルス対策ソフトが入っていることがよくあります。無料だからと思って入れるのでしょうが基本的にWindows 10の場合は付属の対策ソフトで十分で会社指定のウイルス対策ソフトがあればそれを使用します、手数ですが社内システム管理者に見てもらう事をお勧めします。
※会社指定対策ソフトについては社内システム管理者が精通していますので対応が的確にできます。
※パソコンのメーカーなども統一した方が管理が容易です。

Windows Defender
先日Microsoftから最新の「マルウェア感染が判明した場合の対応ステップ」が公開されましたので社内システム管理者は手順のアップデートをしましょう。
https://msrc-blog.microsoft.com/2020/07/01/20200702-respondingmalware/

Microsoft Defender オフライン
オペレーティング システムを起動しなくても、信頼される環境から実行できる強力なオフラインスキャンツールです。

安心・安全に IT 環境を利活用するためには、まずは、利用しているデバイスのセキュリティが正しく構成され、有効な状態に保たれていることが重要です。

テレワークと言うけれど

コロナウイルス感染拡大時には経営層からテレワーク導入について相談が続きましたが最近になってユーザー層から会社からノートパソコンを支給されテレワークするようになって様々な問い合わせが増えました。ほとんどの原因がテレワークには向いていない業務を抱えているのに「とにかくテレワーク」という昭和の時代の押しつけばなんとかなる管理職の存在です。

テレワーク
テレワーク情報
https://www.soumu.go.jp/main_sosiki/joho_tsusin/telework/furusato-telework/guidebook/index.html

そのような管理職の特徴はテレワーク対象者の業務内容を把握していない、テレワークの仕組み、導入手順書などを理解していませんし読みもしないようです。またそのような会社ではパソコンのみ提供すればテレワークと勘違いしています。しっかりと対応するには社内にシステム管理する部署や人員が配置されていれば管理部門で社内ルールで定義を明確にすることでテレワークできない業務の仕訳が可能になります。この部分を手抜きすると余計な費用と手間がかかってしまいます。この社内ルールがなかなか出来なくてテレワークが遅れている会社がありますが、こちらの方がある意味健全と言えるかも知れません。

よくある問い合わせのキーワード
 リモートデスクトップ 
 テレワークで使用する費用(回線、プリンター、FAXなど)
 社外秘の文書
 自宅のセキュリティ
 自宅のプリンターの利用の可否
 自宅のプリンターの設定方法
 自宅のFAX
 PDFに書き込む
 家が事務所になる
 会議が増えた
 公私の区別がつかない
 仕事が見えない(経営層)

2020年 6月のウインドウズアップデート

2020 年6月のセキュリティ更新プログラム (月例)
セキュリティ更新プログラム ガイド(DB)
2020 年6月のマイクロソフト セキュリティ情報の概要
Windows 悪意のあるソフトウェアの削除ツールで流行している特定の悪質なソフトウェアを削除する
今日はOffice関連の更新もあります。

Windows Updateの更新はコロナウイルス感染拡大によって運用に支障の無いように最低限のセキュリティ関連中心になっています、先日公開されたバージョン2004の不具合は今回の更新で一部修正されましたが大半は「調査中」のままです。法人でのお勧め最新バージョンは1909です。バージョン1909のISOファイルは貴重ですので2004に上書きせずに修復用に保持します。
バージョン1909以前はの更新はすぐに完了しました。

最新版のWindows 10をダウンロード
win10
https://www.microsoft.com/ja-jp/software-download/windows10

Windows 10、バージョン 2004 および Windows サーバー、バージョン 2004の情報
https://capacitor.jp/blog-entry-450.html

Windows10 公開が終了した過去バージョンをダウンロードする
https://www.pasoble.jp/windows/10/download-past-version.html

■Windows 10のトラブルに対してOSの再インストールをよく使用します。時間はかかりますが確実な修復方法です。USBなどからの更新の方が成功率は高いです。以前のファイルやアプリを残したまま更新が可能です。
OSの再インストールなどをすると正常に動作しなくなるソフトがありますのでその場合、一旦削除してから再インストールします。

Windows Updateで問題が発生した更新プログラムを削除する方法(Windows10)

更新プログラムが正しくインストールされたかを確認する方法

起動しないWindows 10を初期化、復元をする方法

■KBからの番号がわかる場合は Microsoft®Update カタログ 


【Windows 10 64bit】
2020-06 x64 ベース システム用 Windows 10 Version 2004 の累積更新プログラム (KB4557957)サイズ: 204.1 MB
https://www.catalog.update.microsoft.com/Search.aspx?q=KB4557957

2020-01 x64 ベース システム用 Windows 10 Version 1909 更新プログラム (KB4497165)サイズ: 2.4 MB
https://www.catalog.update.microsoft.com/Search.aspx?q=kb4497165

【Windows Server】
2020-06 x64 ベース システム用 Windows Server 2012 向けセキュリティ マンスリー品質ロールアップ (KB4561612)
https://www.catalog.update.microsoft.com/Search.aspx?q=kb4561612

2020-06 x64 ベース システム用 Windows Server 2012 R2 向けセキュリティ マンスリー品質ロールアップ (KB4561666)
https://www.catalog.update.microsoft.com/Search.aspx?q=kb4561666

2020-06 x64 ベース システム用 Windows Server 2019 の累積更新プログラム (KB4561608)サイズ: 332.6 MB
https://www.catalog.update.microsoft.com/Search.aspx?q=kb4561608

Windows 10、バージョン 2004 および Windows サーバー、バージョン 2004の情報

2020/05/31日「Windows 10 May 2020 Update」
Microsoftは以下の問題が解決されるまで、[今すぐ更新] ボタンまたはメディア作成ツールを使用して手動で更新することを推奨していません。
手元のPCにて数台更新しましたが各所に不具合がある状況です、一般的な使用方法では下記以外の問題は確認出来ていませんのでネット、メールなどは快適に使用できます、起動も少し速くなりました。
2000年頃のOS更新時にはドライバー未対応などは多発しておりメーカーに問い合わせると「順次開発中です」などと言って数ヶ月待つこともありましたが最近は対応は早くなっています。とにかく影響の大きいNVIDIAさんのドライバー更新を待つしか無さそうです。
May 2020 Update

既知の問題と通知【英語】※ブラウザの翻訳機能をご利用ください
https://docs.microsoft.com/en-us/windows/release-information/status-windows-10-2004#381msgdesc

解決された問題【英語】※ブラウザの翻訳機能をご利用ください
https://docs.microsoft.com/en-us/windows/release-information/resolved-issues-windows-10-2004

関連するニュース
「Windows 10 May 2020 Update」にドライバーの互換性に関する問題が報告
https://japan.zdnet.com/article/35154528/

Windows 10 バージョン 2004 の IT 担当者向けの新機能
https://techcommunity.microsoft.com/t5/windows-it-pro-blog/what-s-new-for-it-pros-in-windows-10-version-2004/ba-p/1419764

Chromium ベースの新しい Microsoft Edge をダウンロードする
new_edge

Windows 10バージョン2004の公開

Windows 10バージョン2004が公開されました、更新内容の詳細はこちらのWindows IT Proブログをご覧ください。翻訳機能などを使用するとわかりやすいです。



今回の更新では今のところ私のクライアントにはお勧めしていません、コロナウイルス感染対策でテレワーク導入などシステム構成が変化している最中です、また補助金や助成金申請ではマイナンバーカードなどを使用しますので更新すると使用できなくなるリスクもあります。関連機器メーカーのドライバーや対策などが出揃ってからでも遅くはありません。これから色々な方の導入事例を注意深く見ていくつもりです。WSUSを導入していない企業の社内システム管理者は「Windows 10バージョン2004は指示あるまで適用しない」と通知するようにします。さもないとテレワーク中の自宅へのオンサイトサポートをする可能性がでてきます。

最新版のWindows 10をダウンロード
win10
https://www.microsoft.com/ja-jp/software-download/windows10
インデックス
パソコン 部品ほか
サーバ PC パーツ
月別アーカイブ