FC2ブログ

システム屋さんの忘備録

訪問ありがとうございます。中小企業、SOHOの社内システム管理者向けと京阪神の情報ブログです。

海外の社内システム管理者

社内システム管理者の業務で新人のパソコン手配や初期設定などがあります、入社日に合わせて仕事をしてもらうために総務などから早めに通知が届きます。一方退職者への対応はなぜか通知が遅れがちになります、上司が説得している、回りへの影響があるので総務や経営者が公表していないケースがあります。日本らしい対応とでも言えるかも知れません。

海外(欧米)の会社では総務という部署がありません、外資系に吸収されると総務系の社員は苦労します、「なにをするところですか」などと聞かれ部署存続にかけて外国人経営者に説明するところから始まります。一方情報システム部署はほとんどの会社にあり経営者と一体となってユーザー(社員・従事者)を管理しています。

リストラ

海外(欧米)ではリストラや退職者のリストに入るとすぐに情報システム部署へ通知があり、社内情報へのアクセス制限や行動記録の監視対象になります。本人への通知のために上司に呼び出される日時が設定されるとそれに合わせて端末などのパスワードなどを変更します。上司との話が終わって自席に戻るとパソコンなどは使用不可になります。冷淡な対応にも思えますが情報管理では通常の対応です、情報漏洩の約70%は社内からと言われていますので社内規程や規則を作りしっかり対応する事でコストを抑えた情報管理が可能になります。海外でこのような社内システム管理者として継続して働くためには資格の取得、更新、ユーザー満足度の向上など見える成果が必要ですので競争の激しいポジションと言えます。

マルウエア Emotet の感染に関する注意喚起 11/27公開
https://www.jpcert.or.jp/at/2019/at190044.html

元勤務先の全データを消去 元システム管理者の男を逮捕
https://www.sankei.com/affairs/news/191125/afr1911250027-n1.html

社内システム管理者業務の外部委託

今やパソコン、タブレット、スマホが無ければ仕事が出来ないくらい業務にIT機器が欠かせません、それに伴いそれらの機器を管理する係が必要になります。総務、経理などの管理系の業務をしながら兼任管理、兼務無しの専任社内システム管理者など各社さまざまです。

社内SE

色々な企業を訪問しますが社内のシステム管理が出来ている会社は多くありません、システム部が社内にあっても基本的な管理ができていない会社もありシステム部員が常に電話でユーザーからの問い合わせに追われています。恐らく拠点ごと、部署ごとに担当が分かれていると思われます。非効率なシステム管理の事例です。

先日証券会社からユナイトアンドグロウと言う情報システム部門サポート会社の紹介がありました。関東地方で情報システム管理の人材派遣やシステム管理を請け負う会社で高騰する情シス人材を共有しコスト削減と問題解決のためのスキル共有を中心とした会社のようです。特に問題解決に結びつくIT情報はインターネット上には一部しか公開されていないのでSYSZOと言う情報共有は参考になるかも知れません。自社で社内システム管理をするにはまず最初に「あらゆる問い合わせ内容」を記録することが第一歩と思います。

昭和の社内システム管理者

色々な会社の社内システム管理者とお目にかかりますがここ数ヶ月はWindows 7パソコンのリプレイスに手間がかかっているようです。この作業は新年度の新人向けのパソコンのセットアップより時間と手間がかかります。新人向けのパソコンのセットアップの規模は企業により異なりますが1台当たり3時間前後かかります、台数が増えると負担が大きくなり数十台~数百台規模になると外部業者のキッティングサービスを利用することもあります。
リプレイスはこの新人向け作業よりデータ移行がありますのでなおさらです、一番手間がかかるのはローカル運用のメールの移行です、データのみでも数十ギガを越えることもありメモリ、グラボ増設などをして5~6時間かかる場合もあります。

キッティング

先日取引先の企業を訪問したときにユーザーから「いつも使っていたアイコンが無くなっているのですが」という質問を受けました。社内システム管理者から「いずれ表示されるようになる」と言われたのですがいつまでたっても表示されないので質問したとのことでした。

この社内システム管理者はキッティングリストを見ずにセットアップを行ったようです、このタイプの管理者は設定ミスが多くユーザーからの質問には適格な対応はできないばかりか上から目線でユーザーに接します。このような管理者を「昭和の社内システム管理者」と表現しております。とにかく動作すれば良いと言う考えです。移行可能なのに移行できないと言って初期化を多用する方もいます。

最近のユーザーは要求が高く移行前のデスクトップ画面のコピーを含む事前調査は必須の作業になっています。アイコンの位置やアプリの移行は完璧を求められ移行スキルはより高度になっています。スキルを向上して「令和のシステム管理者」を目指してお互いがんばりましょう。

パソコンのメーカーを揃える

先日あるパソコンメーカーの営業担当者から「パソコン調達先メーカーはどのような基準で決めているのですか」という問い合わせがあり、「得意先企業ごとに決めている」という返答をしました。ある会社ではHPばかりでDELLばかりの会社もあります。基幹システム開発会社によってもメーカーは決まります。メーカーを統一することでメンテナンス性やインシデント対応が容易になります。

HP

同じメーカーですと故障時のサポート窓口やその方法が一つでわかりやすい、故障時の傾向もわかりやすくなり部品の転用も可能になります。ここ数年どのメーカーも故障しにくくなりました。以前はあるメーカーのある型番が故障すると同じ型番のパソコンが次々に故障したりしてある程度予測できた型番がありました。現地ではメーカー出張修理のサービスマンとは顔見知りになるぐらい遭遇しました。メーカー修理では購入時の初期状態になり、その後基幹システムなどをこちらで再インストールする事になります。
「この型番欠陥ちゃうの」と言うと「多い事は多いですが・・・」などの会話をします。サービスマンとしては言えない部分があるようで、同じ日に違う会社でお目にかかることもありました。

企業では管理系の部署がIT機器を調達することが多いのですが、調達方針がしっかりしていないとメンテナンスコストが増えることになります、複合機、プリンターをはじめ接続する機器については「なぜこのメーカーなのか」を明確にする知識やスキルが社内システム管理者には必要と思われます。

導入後に現場から「何でこのメーカーの複合機導入したの」と言われて「接待されたから」「リベートがあったから」とはとても言えませんので・・・

システム屋から見た今年の年度末

Windows 7のサポート終了が迫る中でパソコンメーカーの納品待ちが長くなってきました。第七世代までの在庫品は飛ぶように売れているようです。年度末までに納品希望と言っても連休までになんとかと言う状況です。一般ユーザーにとってCPUなどの世代型番などは興味が無いかも知れませんが、テレビやエアコンでは以前のモデルでは1年も経てば50%ほど安くなりますのでパソコンは価格変化が少ないようです。現在品薄なのは第八世代以降のCPUで、以前に比べて大幅に性能が向上しました。



サポート間際までWindows 7を使用する場合、2019年4月からWindows 10 および Office 365 への移行を促す通知が4月からPCに表示されるようになります。この表示は設定によって表示させないことも出来ますが社内システム管理者のとっては手間のかかる作業になります。

今年はパソコン納品遅れによって年度末までに間に合わないと言う声が多い事、改元に向けての準備で大変、またコンビニなどで注目されたようにシステム系人件費も高騰しており各社人材確保に苦労しているようです。景気後退と言われ始めました、消費税率変更の再延期を希望しているのはシステム屋だけでしょうか。
法人向けPC、サーバー、他
月別アーカイブ