FC2ブログ

システム屋さんの忘備録

訪問ありがとうございます。中小企業の社内システム管理者向けWindows情報とまれに京阪神の情報も発信しています。

初めてCPU故障に遭遇

先日から修理していたデスクトップパソコンですがサービスマンがマザーボード交換修理しても症状は改善せず再度サポートへ問い合わせる事になりました。サポートの人は声から推察すると若い担当者のようでSSDの故障かも知れないので部品を送付するのでクリーンインストールして欲しいと言ってきました。
cpu
SSD故障の症状とは違うかもしれないと言いましたが上司と相談後にSSD交換部品発送と再度返答があり、CPUが疑わしいと伝えても返事は同じでした。そこで修理完了にはサービスマン訪問修理よりメーカー引取修理が最適と思い切り替えました。送付後に修理状況を見ているとSSD交換しても改善せず、CPU手配、これに時間がかかりやっと修理でき返送されました、もちろん購入時の状態です。

最近ではデータ、メールなどはクラウド、共有などにバックアップされているので回避策があるので以前より緊急性は低下しましたがサポートサービスの質の低下を感じます。この仕事を始めた頃、富士通製のサーバー故障時に航空便とバイク便で当日にもう一台構築できるほどの部品が送付され当日にサービスマンが修理されたことが今では懐かしく思います。故障しないことが一番いいのですが予備サーバーが無い会社ではクリティカル4時間保証も加入してますがこのようなユーザーの事業継続性を無視した対応では心配になります。

DELL ProSupport Plus
https://japancatalog.dell.com/c/pro-support/

Enterprise製品サポート
https://japancatalog.dell.com/c/ent-support-guide/
関連記事
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

月別アーカイブ