FC2ブログ

システム屋さんの忘備録

訪問ありがとうございます。システム屋と経営者・ユーザーとのやりとり、社内SE・システム管理者向け情報、生まれ育った京阪神の情報ブログです。このページへはGoogleで「システム屋さん」で検索。

パソコンに詳しいから社内システム管理者にしては

新入社員研修の真っ最中の時期です、先日ある経営者から「○○君を社内システム管理者に考えているんだけどどうだろうか」という質問を受けました。会社もある程度の規模になってくると将来を考えて色々考える物です。中規模企業の約65%がITに詳しい人材が不足しているというアンケート結果がありますのでよくある相談と言うことになります。

結論から言うと、パソコンやプログラムに詳しいだけでは社内システム管理者は務まりません。社内システム管理者に任命すると言うことは経理で言えば実印を預ける行為と同じになります。社内情報全てへのアクセス権があり自由に設定変更できる立場になります。そのようなことから大手企業では社員給与、役員報酬、人物評価、資金情報などを閲覧しても問題の無い自社の関連法令に精通した知識を持った役員または役員候補の方が着任するケースが多いようです。IT企業では代表が管理者という会社が多いようです。パソコンに詳しい方はまずは総務、業務課など管理部門で兼任パソコン係からのスタートがいいと思います。ここでユーザーとのコミュニケーションを学びます。

システム会社風景

社内システム管理者は常に経営者と良好なコミュニケーションが出来ることが必須です。機能する人材になるにはITに関して総合的な広い知識と経験、マネジメント能力、税務、関連法令、自社の業務内容などに精通する必要があります。

2000年半ばからシステム管理は外部委託を多用するようになりました、人気のマルチベンダー保守はワンストップで保守サービスを提供してくれます。また社内システム部門を別法人にしトップに親会社の役員クラスが着任するケースが多く見受けられます。IT関連企業以外では自社にシステム管理部署を設置するケースは減っています。

社内システム管理者向けお勧めの資格(取得する必要はありませんが理解が必要です)
Information Technology Infrastructure Library
情報処理安全確保支援士試験(情報セキュリティスペシャリスト)
プロジェクトマネージャ試験
システム監査技術者試験
ネットワークスペシャリスト試験/Cisco系資格

システム屋から見た色々な会社

今年も大きなトラブルも無く契約更新が終了し新年を迎えました。外部へのシステム保守委託などの予算作成は半年ぐらい前から、一番コストのかかる基幹システムからクライアントと打ち合わせします。基幹システムは法令改正や組織変更の影響が大きいので変更後の運用を想定して概算費用を算出します。その関係でシステム関係者は様々な情報を経営者から数ヶ月前に知らされ予算作成のためのシュミレーションをします。

春の兵庫県公館
春の兵庫県公館

今やシステムは経営に欠かせない重要なインフラでそれを認識している経営者との契約更新はスムーズに進み中には感謝される事もあります。一方で経営者の中には基幹システム年間稼働率100%の保守をしていても「何も起こらないので保守費はムダ」「今のシステムはオーバースペックでは」と考える方がいます。このような経営者の会社では社内システム管理者が早朝、深夜、休日にメンテを行って業務への影響を最小化していても評価しない傾向があります。20年ほど前は相談に「適度にトラブルを起こしてシステム管理者の存在感を演出したら」とアドバイスしたこともありましたが今はSLA(Service Level Agreement)による指標があるのでそれはできません。

今の時代ですので、相談を受ける社内システム管理者には現在の業務に対して理解してもらえない、予算が付かない所は早めに転職する事を勧めています。必要性やリスクを説明する段階でやる気とパワーが無くなり大きなストレスになります。経験上、予算がしっかり付く会社へ転職した方々はしっかり活躍し、経営者が理解があるとこんなに違うのかと言う声をよく聞きます。

2000年ぐらいまでは「システムが止まってもがんばって手書き」という選択肢もありましたが今は「システムは止められない時代」なのでプロアクティブな保守が出来る人材は貴重です。

ネットワークパソコンが見えない(ワークグループ環境) 

法人様からお問い合わせが多いトラブル
エクスプローラ等でネットワークを開くと起動している他のパソコンが見えますが時折見えなくなります。また複合機などでPDFスキャンした書類がスキャンフォルダに転送されない事もあります。両方ともPingは通りますがPCが見えない状況です。

よくある原因がマスタブラウザ、ネットワーク、セキュリティ設定の3つです。
マスタブラウザについては「共有しているパソコンが見えなくなる」をご覧ください。

ネットワークについては「Windows 10へのアップグレードの追われる」でイーサーネットがパブリックになっていないかを確認します。このケースは複合機からのアクセスが拒否されます。正解はプライベートネットワークです。

Windows 10のセキュリティ更新でサービスが無効になる「Windows 10 Fall Creators Update適用後にNASに接続できない」をご覧ください。【Windows 10】

UPS(無停電装置)バッテリーの取り替え

バッテリー交換作業でぎっくり腰になりました。今回で三度目になります。三度のぎっくり腰の原因はすべてUPSバッテリー交換作業です。事務所に設置されているUPSは小規模事業者ではAPC社製のUPS750あたりが多いのですが、サーバーや周辺機器を増設していくと数台のUPSがあるのと設置場所が保守しにくい場所にあるのが多いので交換に手こずります。タワー型UPS750バッテリーはそれほど重くないのですが、サーバーや周辺機器に接続されているので慎重にバッテリー交換作業を行うのですが体勢が悪かったのか今回再び腰を痛めました。

UPS750180129

同じUPS750でもサーバールームで使用するラック型UPSはIU(1ユニット 約4.4cm)でも20Kgを超える重さになり社内システム管理者には負担のかかる作業です。一般の事務所に設置されている機器ではまず配線回りから掃除することから始めます。一度入れ替えたら数年は放置する事になるのでホコリだらけになりながら交換します。

最近の機器はホットスワップ対応のSmart-UPSになっています。以前はバッテリーのケーブルを繋いでONにして準備しサーバー類をすべて停止、リプレイス、システムの起動という手順でしたので平日ではできないので休日返上で対応していたのを思い出します。

話は変わりますが、今月はパソコンのフリーズについての問い合わせが多く古いパソコンでは一連のパッチが影響しているようです。

許可なし残業には「PC強制シャットダウン」

過労死の問題から強制的にPCを使用できなくするソフトが売れているようです。「今ごろ何!」という感じです。というのは専任社内システム管理者がいるような会社ではメール、ブラウジング、画面の内容などをモニタリングできるようなシステムは数十年前から導入されています。電源を切るには管理画面の該当PC番号を「マウスでクリック」するだけです。これらの機能はセキュリティパッチの一斉配布するためのもので電源ON、再起動、電源OFFが可能です。モニタリング画面は録画ができますので昼休みになるとイヤホンを付けてyoutubeなど動画サイトを見る、ネットショッピング、ニュースサイトなどの閲覧履歴は会社で保存されていることを肝に銘じておきましょう。

CCAS

上記の様な機能は、このサイトの右欄にあります管理者おすめツール内の「端末の監視ソフト」で無料で導入が可能です。さらに細かな管理機能がある有料版があります。その有料版でも大手システム会社の10分の1程度の費用で導入が出来ます。この手のシステムの価格はピンキリですが動作する仕組みはほとんど同じですのでサポートが良くて費用の安い会社を選択する必要があります。

私は許可なし残業には「PC強制シャットダウン」というのは解決策にはならないと思うのですが・・・

Windows 7からWindows 10への移行が増えています

ここ数ヶ月クライアント先のWindows 10への移行が増えいています。ご存知の通りWindows 10では64bitが標準になっています。そのため基幹システムの関係でWindows 7 Professional 32bitを利用している企業では注意が必要です。最近のマザーボードのIntelグラフィックチップは32bit非対応ですのでそのまま使用するとフリーズが頻発します。
一方Windows 10 64bit上での32bitソフトウエアの動作は安定していますので大抵のソフトは問題無く稼働します。Windows 7 時代より改善されています。
Windows 10の初期バージョン1507
【Intelラフィックス製品一覧表↓↓↓】
対応オペレーティング・システムインテル®グラフィックス製品について

Windows 10の初期バージョン「1507」のサポートが今日、5月9日に終了します。Windows Updateなどのセキュリティ更新などのサポートも終了します。
https://support.microsoft.com/ja-jp/help/4015562/windows-10-version-1507-will-no-longer-receive-security-updates
この初期バージョンは以前のOSから無料アップデートが適用されていた時期のバージョンです。

今のところ私のクライアント各社には、現在のWindows 7パソコンはそのまま使用し続ける、新規、更新パソコンにはWindows 10へのリプレイスを勧めています。調査会社のレポートでは今年中に企業の85%がWindows 10へ移行すると発表されています、その理由はWindows 10標準搭載のセキュリティ機能の向上が上げられます。

ドコモショップの店員では無い

新たな社員が入社して情報システム部やシステム管理者への問い合わせが増えるこの頃です。社内規則で個人のスマホやタブレットの業務使用を制限しているところが多いのですがそれにも関わらず「システムに詳しい人だろう」と言うことで気軽に問い合わせする方がいます。

受付

問い合わせ(インシデント)に対しては業務に与える影響度に応じて対応しますがユーザーの中には深刻度を強調する方、役職パワー、マニュアルを読まずに問い合わせる方、中には恫喝する方もいます。今やスマホのショップ等でも一人当たりの対応時間が長くなっているように以前に比べてインシデントの対応に時間がかかるようになっています。その中で新入社員から個人のスマホに関する問い合わせがあると「ドコモショップの店員では無い」とつい思ってしまいます。

通常の情報システム部では問い合わせはすべて記録していますが他部署の問い合わせでも記録し最後まで管理します。中には管理部門への問い合わせに対しては一元窓口でDBに記録し対応している会社もあります。経理に聞いて、総務に聞いて、業務に聞いてなどの対応は昔のお役所的な対応で今の時代にはマッチしません。

「ドコモショップの店員では無い」と言いましたがここのシステムは一元管理できていて大抵の事はその端末で解決が可能になっておりITILの「サービスデスク」と言える状況です。管理部門や情報システム部でもサービスデスク、CMDBなどの整備をすることで会社にプラスになります。
ブログ内検索フォーム
法人向けPC、サーバー、他
サーバ PC パーツ